ギフト教育ラボ 口コミ

“ギフト教育”という、いま注目されている乳幼児の教育方法を聞いたことがありますか?


有名な教育法といえば、モンテッソーリ教育やシュタイナー教育などが頭に浮かぶかもしれません。ギフト教育は、脳科学者と臨床心理士が科学的根拠にもとづいて監修・開発した、日本初の教育プログラムなんです。


このギフト教育を実践することで、自分の子育てに役立てるのはもちろん、赤ちゃんの頭の賢さや安定した性格形成を育てる「乳幼児教育アドバイザー」の資格取得をめざすことが、ギフト教育ラボの目的です。


ギフト教育ラボの口コミ

それではさっそく、ギフト教育ラボを体験した皆さんの口コミをご紹介しますね。


【体験授業が充実していた】
何か資格を取ろうと探していてギフト教育ラボを見つけました。子供を連れて行ってもOKということで、早速体験授業を受けてみることにしました。授業は、知りたいと思っていた内容ばかりで、満足いくものでした。旦那も賛成してくれたので、参加を決めました。

引用元:健康・快適生活応援団

【手遊び歌で目から鱗!】
手遊び歌の授業は目から鱗でした。手遊びが脳のどこを刺激して、どういう能力が育つのか、しっかり学ぶことができました。例えば、グーパーをすることで指の機能が発達し、手首を回すことで肘関節でしっかりと支えることができるようになる、などなど。具体的な歌から教えてもらえます。今後の子育てに即生かせる内容ばかりでした。

引用元:健康・快適生活応援団

【生まれ持った才能を】
子供の生まれ持った才能を伸ばすというところに共感しました。また「発達障害の見立てができる」ことにも感銘を受けました。どこに相談していいかわからないというママ達の手助けもできます。少しでも力になれることが嬉しく思います。

引用元:ギフト教育ラボは怪しい!?その資格ちょっと待って!

【楽しそうだったので】
単純に説明会が楽しそうだったので参加しました。IQや学力をただ上げるのでなく心を伸ばしてあげるというところに魅力を感じました。子供のこの遊びには意味があったんだ!など発見がたくさんです。科学的根拠のあるプログラムってすごいです。

引用元:ギフト教育ラボは怪しい!?その資格ちょっと待って!

たくさんの方が参加されていて、とても賑わっている雰囲気でした。ママさん達の持つ共通のお悩みへの回答やアドバイスがあると「なるほど~」の連発でした。子育てに対する知識が付き、たくさん参考になりました。最後に「脳育手遊び歌」では、小さいお子さんたちがステージで踊ってくれて、とっても可愛かったです。

引用元:ギフト教育ラボの評判ってどんな感じ?口コミをまとめて調査してみました

育児の情報についてネットで調べてみると、たくさんの情報が出てきて、中には矛盾するような内容もあります。実際にどれが本当なのか……と思っていた時に、ギフト教育を見つけ、きちんとこちらで学んでみることにしました。
(受講会場が遠かったので、オンライン講座で学ぶことにしました。)
実際に学んでみて『もっと早く知りたかったな…』と思うことがたくさんあり、ほんとうに良かったと思っています。育児は楽になり、気持ちの余裕が出来るようになりました。

引用元:ギフト教育ラボの評判ってどんな感じ?口コミをまとめて調査してみました


集めた口コミをまとめてみると、以下のような内容になります。


  • 共通の悩みをもつ親御さんが集まっていて賑やかな雰囲気
  • 科学的根拠のある知識を教わることで、子育てに即生かせて気持ちに余裕が生まれる
  • 体験授業は子供を連れていってもOK
  • 受講会場が遠い場合は、オンライン受講も可能
  • 学んだことを生かして、同じように悩んでいる親御さんの手助けができる

実践的な内容を学べて子育てに即生かせるということで、好意的な口コミが多く、不満を感じるような意見は現時点で見当たりませんでした。


※“お問い合わせ内容”では“■資料請求”を選んでください。

注目の幼児教育“ギフト教育”とは?

赤ちゃん


そもそも、“ギフト”とは何なのでしょうか?


ギフトは、アメリカやイギリスで“生まれ持った才能”を意味する言葉。人間の脳は3歳までに約80%が完成する、ということは多くの脳科学者や脳外科医もよく仰られていて、科学的に立証もされています。


その人間がもっとも成長する時期に、たくさんの良質な刺激を五感にあたえたり経験させてあげることで、能力の土台を作る、というのが、ギフト教育の考え方なんです。


一般的な幼児教育との違いは?

ギフト教育が、他の幼児教育と違っているところは、“土台を育てることで全ての能力を底上げする”という点です。


一般的な幼児教育は、たとえば「IQをあげたい」とか「丈夫な身体作りをしたい」など、希望する目的にあわせてそれにあった能力を高めていく、という方法。ただ、この方法だと、土台ができていない状態で能力を高めようとするので、つめこみ教育になりがちだったり、肝心の子どもが楽しめなかったり、という場合も……。


それに対して、ギフト教育では、まず土台を育ててからすべての能力がバランスよく成長できるように、プログラムが考えられているんです。

ギフト教育ラボで学べる資格

ギフト教育ラボで学習・取得できる資格は、ズバリ“乳幼児教育アドバイザー”です。


乳幼児教育アドバイザーとは、科学的根拠にもとづく幼児教育を広めるために、ギフト教育ラボが作った民間資格。脳科学者の片野晶子さんと臨床心理士の松島雅美さん、二人の専門家によって作られました。脳科学や心理学という科学的な観点から、子どもとの正しい接し方を学べる資格です。


どんな人が学習しているの?

約40%は、保育士や幼稚園の先生、小学校の先生など、保育・幼児教育に携わっている方。残りの60%が、子育て中の主婦やその他の何らかの形で子どもと関わる方で、なかにはイクジジやイクババといったシルバー世代の方もおられるようです。

目的に合わせて選ぶギフト教育ラボのコース

いっしょに本を読む母親と子供


乳幼児教育アドバイザーの資格を取得するために、その目的に合わせてコースが分かれていますので、参考にしてみてください。


アドバンスコース(2級+3級)

<全5回>受講時間:20時間 受講期限:6ヶ月


脳の構造や心の発達、食事の影響など、個性を伸ばすための基礎知識について学びます。さらに、保護者として子どもの能力を引き出す関わり方やキレない子どもの育て方など、専門知識をベースに子育て全般をサポートできることを目的とした座学授業のプログラムです。


子育て中のママ・パパや妊娠中の方におすすめ!


プロコース(1級+2級+3級)

<全8回>受講時間:32時間 受講期限:12ヶ月


2級までで学んだことをギフト教育を受ける方に説明でき、教材を正しく使えることを目的とした実技訓練のプログラムです。実際に子どもと接しながら、レクチャーを受けられます。


保育士や幼稚園の先生など、幼児教育に携わる方におすすめ!


マスターコース

受講時間:30時間 ※インターン含む


ギフト教育の講師になるためのプログラムです。心や脳についてのより深い知識の習得に加えて、講師としての立ち居振る舞いや心構えをインターンでの実践を通して学びます。


独立して幼児教室を開業したい方や、幼児教育のプロとして活動したい方におすすめ!


そのほか、各級それぞれの単体受講や、各種インストラクターの1day講座もあります。詳しい内容は公式サイトで確認してみてくださいね。

ギフト教育ラボについてのQ&A

とりあえず資料だけ取り寄せたいんですが……

ギフト教育ラボの資料は、無料で取り寄せることができます。下記ページから必要事項を入力すると、資料が送られてきます。
⇒ 資料請求(無料)はこちら
※“お問い合わせ内容”では“■資料請求”を選んでください。

妊娠中なんですが、受講することはできますか?

各講座は、基本的に身体に負担がかかるような内容ではないので安心して大丈夫です。申し込みの際に、妊娠中の旨を連絡すれば、事前に講師にも伝えてもらえます。

子どもを連れて行っても大丈夫でしょうか?

子どもと一緒でも受講は可能です。授乳中の赤ちゃんや少し大きい子どもでも大丈夫ですが、例えば赤ちゃんが泣いてしまった場合などは、他の受講生の妨げにならないよう泣き止むまで一定時間教室の外に出るなどの配慮は必要になります。

自宅が遠方なので通学が難しいんですが……

自宅が遠方で通学が困難な方のために、ギフト教育ラボではオンライン講座も用意されています。

受講されている方の年齢層や職業は?

保育士や幼稚園の先生など幼児教育に携わる方をはじめ、子育て中の新人ママや子育てのベテランの方も受講されています。年齢も20代の方からシニアの方まで、年齢層は幅広いです。

受講料の支払いにはどんな方法がありますか?

受講料については、一括もしくは分割払い、教育ローン、クレジットカードでのお支払いが可能です。教育ローンでお支払いの場合は、手数料が必要になります。また、利用できるクレジットカードはVISAとマスターカードです。

おわりに

母親と赤ちゃん


いかがでしたか?


少子化といわれる現在ですが、未来を優しくたくましく育った子どもたちが担ってくれたら頼もしいですよね。


子育てに悩んだり疲れてしまうのは、あなただけではありません。子どもについて正しい知識や接し方がわかれば、そういった心の負担も少しは軽くなるかも。


ギフト教育ラボは、説明会や体験セミナーを随時開催していますし、資料だけ無料で取り寄せてみることもできます。興味のある方は、とりあえず資料に目を通してみては?


※“お問い合わせ内容”では“■資料請求”を選んでください。


このサイトをご覧いただき、ありがとうございました。

page top